スニーカーが雨に濡れたときの対処法は?靴屋店員が解説

スニーカーが雨に濡れたときの対処法スニーカー

急に雨が降ってきて、履いていたスニーカーが濡れてしまったという経験、ありませんか?

そんな時、どう対処したらいいのか困りますよね。

「濡れたスニーカーはどうしたらいいの?」
「スニーカーを早く乾かす方法を知りたい」
「濡れたスニーカーのにおいが気になる」

こんな悩みを持つ方もいるのではないでしょうか。

スニーカーが雨に濡れたときは、とにかく早く水分をふき取ることが大切です。

スニーカーの表面にシミになってしまったり、雑菌が繁殖しにおいの原因になってしまったりするからです。

靴屋店員のわたしが、簡単な対処法や雨対策グッズ、防水スニーカーを紹介します。

是非参考にしてください。

 

スニーカーが雨に濡れたときの対処法

スニーカー雨

スニーカーが雨に濡れてしまったときの、わたし流の簡単な対処法を紹介します。

めんどくさがりなので、あくまでも簡単に対処しています。

スニーカー表面の水分をキッチンペーパーでふき取る

スニーカー雨拭く

キッチンペーパーで表面を優しく抑え、水分をふき取ります。

タオルでも可能ですが、汚れて洗うのが面倒なのでわたしはキッチンペーパー派。

市販のキッチンペーパー1枚で、両足分ふき取ることができました。

スニーカーの中に新聞紙を詰めて水分を吸わせる

スニーカー雨新聞紙

新聞紙を丸めて雨に濡れたスニーカーの中に入れます。

新聞紙は水分を吸ってくれる効果があります。

湿ってきたら新しい新聞紙と交換し、2~3回繰り返しましょう。

キッチンペーパーでも代用可能です。

スニーカー表面の汚れを落とす

スニーカーが乾いて、表面の汚れが目立つようでしたら、ブラシで汚れを落とします。

靴用ブラシでも歯ブラシでも可能。

スニーカーのにおいを消す方法

雨に濡れるとスニーカーのにおいも気になりますよね。

においは、湿気により菌が繁殖することが原因です。

スニーカーの水分を取るついでに、においの原因も退治しておきましょう。

10円玉を靴の中に入れる

10円玉は成分のほとんどが銅でできているため抗菌作用があり、不快な臭いの元となる雑菌を分解してくれます。

10円玉を片足に5〜10枚ずつ広げて入れ、靴全体に効果が行き渡るようにするとよいでしょう。

重曹を使う

重曹は、弱アルカリ性の粉末です。

汗などの酸性の臭いに触れると中和反応を起こして、無臭の中性に変化させる働きがあります。

また除湿効果も期待できるので、スニーカーの除湿・消臭には最適。

スニーカーの中に直接重曹を入れると効果抜群ですが、直接入れることに抵抗がある方は、使い古した靴下の中に重曹を入れて、スニーカーの中に入れるのもよいでしょう。

除湿剤を使う

乾燥剤

100円ショップでも売っている靴用の除湿剤を入れておくのもおすすめ。

こちらはダイソーで購入しました。

スニーカーの中に入れておくだけなのでとにかく簡単。

天日干しすると効果が復活するのでコスパも抜群。

珪藻土と活性炭で効きそうなので試してみてもよいでしょう。

スニーカーを濡らさない方法

雨に備えて、スニーカーが濡れないようにしておくことも大切です。

防水スプレーを使う

防水スプレー

わたしは新しいスニーカーをおろす前に、必ず防水スプレーをかけます。

屋外で、スニーカーの表面がしっとりするくらい、たっぷりスプレーをし、乾かします。

雨が降りそうな前日や、最近スプレーしてないな、と思ったタイミングで追加。

ブーツやパンプス、傘にも使えますし、雨をはじいて汚れも付きにくくなるのでおすすめです。

雨カバーを使う

最近はスニーカーやパンプスを雨から守ってくれる雨カバーも販売されています。

防水シューズを履くのも手

防水スニーカー

わたしは雨の日用に、完全防水のシューズを持っています。

Colombia(コロンビア)

ロックントレイナー2ロウアウトドライ

定価 14,300円

履き心地も良く、雨も染みてこないので、雨の日でも快適に履くことができます。

まとめ

スニーカーが雨で濡れるととても悲しい気持ちになりますよね。

濡れないように予防をしつつ、濡れてしまったときには早めに対処しましょう。

少しでもお役に立てていたら嬉しいです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました